2015年09月06日

「ポーツマス条約110周年 日露戦争の意義を問う国民の集い」

001.jpg


 9月5日は、日本が日露戦争に勝利し、ポーツマス条約を締結して110周年にあたる。
 本来なら政府が主催すべき記念行事だが、百周年のときと同様に民間主催となった。
 会場の星陵会館には開始二時間前から列ができはじめ、開会時には満席となった。
 全員が起立して国歌斉唱のあと、日露戦争に散華した英霊への黙祷ではじまり、冒頭に「呼びかけ人」を代表して外交評論家の加瀬英明氏、つぎに前衆議院議員の西村真吾氏が関西から駆けつけられ熱弁をふるわれた。

002.jpg


 記念講演は「世界史における日露戦争の意義」と題されて前防衛大学教授の平間洋一氏、「満蒙とは何か」として近・現代史家の宮脇淳子氏が、スライドを多用して熱弁を展開された。
 休憩を挟んで拓殖大学客員教授の藤岡信勝氏、国際大学教授の福井雄三氏、前ウクライナ大使の馬渕睦夫氏とつづき、最後に全員起立して「海ゆかば」を斉唱、フィナーレは「頑張れ日本 全国行動委員会」の水島総・幹事長がつとめた。
 会場には時間の関係で発言の機会がなかった黄文雄氏、北村良和氏、鍛冶俊樹氏らが紹介され、大変な盛り上がりの中、会を終了した。

003.jpg


ポーツマス条約110周年 国民のつどい
実行委員会(責任者 宮ア正弘)
posted by 三島研事務局 at 13:48| 関連記事