2012年02月19日

三島由紀夫文学館で「三島由紀夫の学習院時代」展覧会


 2月28日から6月24日まで山中湖「三島由紀夫文学館」で「三島由紀夫の学習院時代」の特別展が開催される。
 同期間中、午前十時から午後四時半まで。入館料はおとな五百円、学生300円。小中学生は100円。休館は月曜日ならびに、4月28日から5月6日の月曜。
 主催は山中湖文学の森 三島由紀夫文学館、山中湖教育委員会
   ▼
 この展覧会は作家として第一歩を踏み出した学習院時代の軌跡を系統的に展示するもので、とくに中等科一年生のときの「酢模」の誕生までをたどる。生涯の師となる清水文夫、先輩の坊城俊民、そして『文藝文化』への寄稿へといたる少年期の三島の才能の開花がみられる。
 詳しくは三島文学館ホームページ
posted by 三島研事務局 at 13:43| お知らせ

2011年12月09日

平成23年天長節 皇居一般参賀と靖國神社参拝のご案内


 三島由紀夫研究会では、天長節 (天皇誕生日)の12月23日(金)に皇居一般参賀と靖國神社参拝を実施いたします。
 予定は下記の通りです。

集合日時
平成23年12月23日(金) 10:00
集合場所
JR有楽町駅 国際フォーラム口を出て改札前信号を渡った東京国際フォーラム前広場三島研スタッフが「三島由紀夫研究会」と書いた紙を提示しています。
予定
集合後、徒歩で皇居に向かいます。
正門から二重橋を渡って新宮殿前お庭へお出ましを待ち参賀。その後坂下門近くの記帳所にて記帳。徒歩で、皇居東御苑に向かいます。旧本丸跡や売店にある今上天皇が大嘗祭をされた大嘗宮の模型を見学。北桔梗門より退出、北の丸公園で旧近衛師団司令部(現国立近代美術館工芸館)の建物の外観を見学します(重要文化財)
北の丸公園、日本武道館を経由して田安門から退出。
靖國神社で昇殿参拝を行う予定です。
その後希望者で懇親会を兼ねたお祝いの昼食会を予定しています。
会費
靖國神社昇殿参拝玉串料としてお一人千円
懇親会
当日実費精算とさせていただきますが、三千円程度を予定しています。
お願い
靖國神社では昇殿参拝を行う予定ですので、ふさわしいお支度をお願いします。
参賀は雨天決行ですが、その後の予定は天候により変更することがあります。
当日は相当な距離を歩きますので、歩きやすい靴と充分な防寒対策でお出かけください。

事前のお申し込みは不要です。 ご自由にご参加ください。 また会員以外の参加、同伴も歓迎です。
ご不明な点は、yukokuki@mishima.xii.jpまでお問い合わせください。
posted by 三島研事務局 at 22:07| お知らせ

2011年10月29日

村松英子さん「和敬塾サロン」第九回公演のお知らせ


原作 村松英子
演出 藤井ごう
「海を越えてーーエミーとジョン」

11月23日から12月1日まで
目白台 和敬塾内(旧細川サロン)
入場  五千円(全席自由)
前売り発売中!
お問い合わせ 3945−5384 サロン劇場

主演 村松英子、中山仁、村松えり、村岡小喜子

スケジュール
11月24日 午後七時から
   25日 同
   26日 午後二時
   27日 同
   28日 同
   29日 午後七時
   30日 午後二時
12月 1日 午後二時

和敬塾は文京区目白台1−21−2
アクセス 目白駅より都バス(白61)十分 目白台三丁目下車
     江戸川橋より都バス(同)五分
     メトロ有楽町線「護国寺」徒歩十五分
      
 憂国忌代表発起人のおひとりで、三島由紀夫戯曲のほとんどに主演された村松英子さん、ひさしぶりのサロン劇場です
 
 公演は一時間ていど、終わってから小一時間のパーティがあります
 前売り開始されました!
 なお、11月23日はゲネプロゲのみ(会費は4000円です)
posted by 三島研事務局 at 16:31| お知らせ

2011年07月06日

三島由紀夫研究会に入会手続きをされた皆様へ

 会員証の発送は7上旬より順次手配しておりますが、郵便物の住所相違、お名前の誤りがありましたら、大変ご面倒ですが下記までメールでご一報ください。

 名簿を訂正し、お名前に間違いがあった方には改めて正しい会員証を再送させていただきます。
 また、入会手続き後一ヶ月を経過しても会員証が届かない方もご連絡ください。
yukokuki@mishima.xii.jp
posted by 三島研事務局 at 21:57| お知らせ