2015年05月17日

11月7日、四日市で「森田必勝 追悼会」が開催されます


 森田必勝(楯の会学生長、自決)の没後45周年を記念し、追悼会が開催されることが決まりました。
 記念講演は宮崎正弘氏(評論家)
 宮崎正弘氏は学生時代に日本学生同盟幹部、日本学生新聞編集長。学生運動で森田の友人。事件直後、森田必勝遺稿集『わが思想と行動』(日新報道)を編纂した。
三島由紀夫研究での著作には『三島由紀夫「以後」』(並木書房)、『三島由紀夫はなぜ日本回帰したのか』(清流出版)、『三島由紀夫の現場』(並木書房)の三部作がある。

とき   11月7日 1400―
ところ   四日市市文化会館
入場無料(予定)
名古屋、岐阜、京都方面の愛国者のみなさん、ふるってご参加下さい。
posted by 三島研事務局 at 09:51| 追悼

国際シンポジウム、東大で11月に連続開催が決定

 国際シンポジウムは11月14日、15日、そして22日の三回、内外の三島文学研究家が勢揃いして、東京大学教養学部で開催されます。
 タイトルは「国際三島シンポジウム 2015」 
 生誕90年、没後45周年を記念しての催しです。
 要項
  11月14日 東京大学教養学部900番教室
     15日 東京大学教養学部18号館ホール
     22日 青山学院大学アスタジオ
posted by 三島研事務局 at 09:48| お知らせ

2015年04月25日

歴史戦の第二弾は9月5日、ポーツマス条約110周年です


九月五日は歴史戦の第二弾「ポースマス条約 110周年、日露戦争を考える国民の集い」を開催します。概要は下記の通りです。

とき 9月5日(土曜日)午後二時(一時半開場)
ところ 星陵会館 大ホール

記念講演(敬称略、順不同)
「日露戦争の歴史的意義を問う」 前防衛大学教授 平間洋一
「歴史は英雄達がつくる」   拓殖大学客員教授 藤岡信勝
「満州蒙古とは何だったのか」   近現代史研究家 宮脇淳子
発言(登壇予定)
「司馬遼太郎の虚説を衝く」(福井雄三)
「現代ロシアはどうなっているのか」(馬渕睦夫)
加瀬英明、水島総、高山正之ほか(スケジュールは予告なく変更されることがあります)
posted by 三島研事務局 at 07:40| お知らせ

4月29日「主権回復記念日」のイベントへのお誘い


いわゆる「春の憂国忌」です
4月28日を国民の祝日に! 「主権回復記念日国民集会」のご案内です。

とき   平成27年4月28日(火曜日)18時00分 
ところ  砂防会館別館「シェーンバッハサボー」
千代田区平河町2-7-5 TEL 03-3261-8386
入場料  無料(カンパのご協力をお願いいたします)

<登壇者> 4月15日現在(順不同敬称略)「代表世話人」=井尻千男(拓殖大学名誉教授)、小堀桂一郎(東京大学名誉教授)、入江隆則(明治大学名誉教授)
登壇予定=稲田朋美(衆議院議員・自民党政調会長)、片山さつき(参議院議員・参議院外交防衛委員長)、赤池誠章(参議院議員・文部科学大臣政務官)、宇都隆史(参議院議員・外務大臣政務官)、木原 稔(衆議院議員・元防衛大臣政務官)、山田賢司(衆議院議員)、田沼たかし(前衆議院議員)、飯塚繁雄(「家族会」代表・田口八重子さんの兄)、増元照明(増元るみ子さんの弟)、西岡力(「救う会」会長・東京基督教大学教授)、竹本忠雄(筑波大学名誉教授)、馬渕睦夫(元駐ウクライナ兼モルドバ大使)、宮崎正弘(作家・評論家)、田中英道(東北大学名誉教授)、ペマ・ギャルポ(横浜桐蔭大学教授)、水間政憲(ジャーナリスト)、西村幸祐(評論家・ジャーナリスト)、三輪和雄(「日本世論の会」会長・「正論の会」代表)、佐波優子(ジャーナリスト)、水島総(「日本文化チャンネル桜」代表・「頑張れ日本!全国行動委員会」幹事長)ほか国会議員・文化人多数
<主催>主権回復記念日国民集会実行委員会
<後援>日本文化チャンネル桜。頑張れ日本!全国行動委員会
<お問合せ>「頑張れ日本!全国行動委員会」
TEL 03-5468-9222 FAX 03-6419-3826
info@ganbare-nippon.net           

posted by 三島研事務局 at 07:38| お知らせ

2015年03月15日

『決死勤皇 生涯志士 (三浦重周伝) 』


ついに刊行されました
前三島研究会事務局長だった三浦重周伝記
山平重樹 (著)
『決死勤皇 生涯志士 (三浦重周伝) 』
http://www.amazon.co.jp/dp/4890633251/

 なお、この書籍は三島研究会会員、憂国忌賛助会員の皆様には弊会から謹呈しております。もし平成27年度会費を御支払い済みに会員のかたで、当該書籍がまだ届かない方は至急事務局までご連絡下さい。
posted by 三島研事務局 at 21:13| 推薦図書