2011年10月29日

三島と金沢の重厚な関係

宮崎正弘 (評論家・金沢市出身)


 文豪・三島由紀夫の死後四十一年、いまも世界中で研究がすすみ、評伝と研究書だけでも一千冊を超える。英語の評伝も弐冊、フランス語一冊。日本では卒論に三島を選ぶ国文学系学生が夥しい。まさに秋山駿が言ったように「死後も成長する作家」だ。
 ところが三島由紀夫と金沢の重厚な関係がこれまで深く論じられたことがなかった。三島の精神形成に深甚な影響を与えた系譜と経過がようやく解明されよ うとしている。
 三島の母親倭文重は金沢出身の橋健三の娘である。そして兄の橋健行は文学青年にして医者、早世したが三島の先駆者というべき作風の文章を残している。
 この”新発見”は『三島由紀夫研究』(鼎書房)の第十一号に「三島由紀夫と橋家」を書いた岡山典弘氏による。従来の三島評伝が軽視あるいは無視してきた母方のご先祖の家系が持つ意味を探ると加賀藩の漢学者だった橋家の子孫が三島の母親という関係が改めて浮かび上がったのである。
 三島の祖母・夏子に関しては多くが語られた。三島に大きな影響を与えたと> いう文脈で。祖母は幕臣だった永井玄蕃をルーツとしていることは明瞭であり、一方、祖父の平岡定太郎は福島県知事から樺太庁長官、疑獄に巻き込まれ失職後は山師的な行動をとった。だから三島伝記の多くは永井玄蕃の血脈から佐幕派であると断定し、保守頑迷派と認定しがちだった。まして新撰組の近藤勇の法要に花束を贈った三島の逸話などが伝記に並んだ。
 橋家のことを最初に書いたのは三島の親友でもあった村松剛『三島由紀夫の世界』で、村松の母親が、三島の母親と親しく、だから結婚前の姓である「橋さんは…」という会話が成り立った。大久保にあった家屋をさして村松の母親は「あれが橋さんのおうち、お父様は開成高校の校長だった」。
 加賀百万石の漢学者橋健堂に婿入りしたのが祖父の橋健三。金沢から上京して悪戦苦闘の末、開成高校の校長。有能な青年を育てるために学校経営に血のにじむ苦労をなし、いまも教育者として名を残している。
 この学校からは不思議な縁で結ばれ北杜夫、斎藤茂吉、そして伊部恭之助(後の住友銀行最高顧問、三島の縁戚でもあった)などへと繋がる。三島は泉鏡花を好んだが、従来説では祖母の影響とされた。しかし村松前掲書によれば母親が好きだった由である。金沢の文化を守ろうとする、やや頑迷な姿勢こそが伝統を重んじ皇室に文化の中軸をおく三島の「文化防衛論」と繋がる。
 このように金沢の縁が深かったために三島は昭和三十六年に金沢をつぶさに取材し、宝生流の能舞台、卯辰山、内灘砂丘を克明に描写した。この光景は傑作『美しい星』にみごとに活写された。
 筆者は三島作品を殆ど読んだうえ三島由紀夫を論じた三部作も上梓したが、『美しい星』に関して言えば、ストーリィの奇想天外と登場人物のユニークさに度肝を抜かれ、金沢の情景描写の素晴らしさに陶酔しただけだった。三島のご先祖が加賀藩の儒学者、その子が名のある教育者であった側面を深追いしなかった。 これからの研究成果を期待したい。
(「北風抄」北國新聞 平成23年10月25日付より転載)

posted by 三島研事務局 at 16:28| 関連記事

2011年07月06日

三島由紀夫研究会に入会手続きをされた皆様へ

 会員証の発送は7上旬より順次手配しておりますが、郵便物の住所相違、お名前の誤りがありましたら、大変ご面倒ですが下記までメールでご一報ください。

 名簿を訂正し、お名前に間違いがあった方には改めて正しい会員証を再送させていただきます。
 また、入会手続き後一ヶ月を経過しても会員証が届かない方もご連絡ください。
yukokuki@mishima.xii.jp
posted by 三島研事務局 at 21:57| お知らせ

2011年02月08日

「憂国忌」の四十年

三島由紀夫氏没後四十年記念出版『憂国忌の四十年』
yukoku40.jpg

 昭和46年2月、三島由紀夫氏の思想と行動を通して日本を考えようとの趣旨で「三島由紀夫研究会」は結成された。爾来、原則毎月1回、日本を代表する知識人、教授、文藝評論家などが三島を論じ、思い出を語る会が「公開講座」と銘打たれて開催され、いまも続いている。本書は「憂国忌」開催40年という節目にあたっての、舞台の裏を支えた人々の生きた証言と記録である。
三島由紀夫研究会編

四六判上製/口絵16頁・本文308頁
定価 1,890円(税込)
並木書房刊 電話  03-3561-7062 
posted by 三島研事務局 at 00:10| 推薦図書

三浦重周 遺稿集

『白骨を秋霜に曝すを恐れず』
miura1.jpg
 第一部「基本論文」
 思想論 どこに思想の源基をおくのか  
 国家論 マルクス主義国家論批判  
 国体論 大嘗祭を平成維新の転換点に 
 改憲論 憲法改正の問題点  
 文明論 新文明の興隆へ「新アジア主義」

 第二部「資料」
 重遠社創建宣言 綱領 誓盟など

 第三部「エッセイ」
 (「行雲流水」抄)三浦氏代々、新潟の山川、学校時代ほか
 年譜(井上正義)、解説(後藤真一郎)

 B6版/上製本 302P 口絵8P 
 定価 2.100 円(税込み)
 K&Kプレス刊  電話  03-5211-0096 




『国家の干城、民族の堡塁』
miura2.jpg
 第一部「政治論文」
 敗戦立国を全否定し、「8.15」を戦後革命の根基に据えよ
 蘇える三島思想の精髄
 何を問題とすべきか?−新たな天皇論のために−
 世界史の転換と日本の戦略
 非核三原則を放棄し、核武装へ
 二十一世紀の新民族主義運動を語る

 第二部「行雲流水」
 三浦重周珠玉随筆集

 第三部「資料編」
 著作にあらわれた三浦重周像
 三浦重周書誌 ほか

 巻末附録
 三浦重周を悼む(正木和美ほか)
 矢尽き果て、刀折れるまで(片瀬 裕)

 B6版/上製本 275P 口絵8P 
 定価 2.310 円(税込み)
 K&Kプレス刊  電話  03-5211-0096 
posted by 三島研事務局 at 00:04| 推薦図書

2011年02月07日

新装版  森田必勝遺稿集

新装版 森田必勝遺稿集「わが思想と行動」
morita.jpg
 絶賛発売中
 詳細は下記へお問い合わせください。

 序文 森田治、中村彰彦ほか。
 新発見の写真五葉を新しく追加!
 解説 宮崎正弘

 B6版/上製本
 定価 1.800 円+税 
 日新報道 東京都港区芝公園 3-6-23 
 TEL   03-3431-9561

posted by 三島研事務局 at 23:46| 推薦図書